家づくりコンセプト

コンセプト

当社では様々な建築の設計監理を行っていますが、

特に「住宅設計」においては他の建築とはやや異なる“コンセプト”や“こだわり”をもって

皆様の“すまいづくり”にお手伝いしています。

「住まい」とは?

“すまい”はそこに住む家族にとって生活の拠点であり、大切な財産です。“家を建てる”ことは一生に何度もない大変な事業といえます。それゆえ、“我が家”に対する思い入れやこだわりには相当なものがあるのが普通です。しかも家族それぞれでそのこだわりの内容が異なることもよくあります。できれば家族みんなが満足でき、安心して快適に過ごせることが持続できる家が理想といえます。

そのためには、家をしっかり建ててくれる施工者を選ぶことも重要ですし、施主と一緒に考え、悩み、そして専門的な視点でアドバイス・提案・実行・工事監理をする建築家をパートナーとして選ぶことも賢い選択と思います。(手前味噌ですが)「家は3度建てて初めて納得できる家になる」と言われるように、失敗や後悔が多いのも事実です。一般解のない住宅の場合、専門的な知識や経験が実はとても大切で、緻密で難しい分野なのです。
当社では“すまい”を“住む人のための優しい器”と考え、自然でやさしい環境、サスティナブル(持続可能)、シンプルだが情緒のあるデザインをモットーにしています。また、地域の風土や気候に配慮することにも重点を置いています。北陸の場合、雨や雪を考えて軒の出を大きくし構造体を頑丈にしています。

また、最近よくあるメーカー仕様の高気密・高断熱住宅は手がけていません。機械換気に頼る魔法瓶住宅では、人を自然から隔離してしまい、四季を感じる風情や 健康を阻害してしまうと考えるからです。その費用で自然素材を使いディテールを工夫すれば、自然に近いきれいな空気と省エネ効果は十分達成可能と思いま す。

そのほかいろいろ想いはありますが、後述の「デザインコンセプト」を参照してください。

 


設計プロセスについて

“すまい”は住む人や立地条件などにより様々な形態が考えられます。家族の生活スタイルや嗜好・希望に沿った提案と設計を行うには、十分な打合せと話し合いが不可欠です。多くの時間を費やしたとしても、相互理解と信頼関係を構築できるかが私たち建築家にとって大変重要になります。施主の希望を最大限活かし、納得のいく素敵な空間・デザインを様々な手段を駆使して提案いたします。模型を作成することもよくあります。デザイン性だけでなく、快適性、耐久性、安全 性、利便性、経済性、街並みとの調和など、バランスよく総合的に検討する必要もあります。住む人が納得・満足できる“すまいづくり”を一緒に考え、実現するためにも、正しい手順・手続きと十分なコミュニケーションが必要で、多少時間と手間がかかりますが、その分完成した時の感激はひとしおと思います。

 

 

デザインコンセプトについて

設計した家が住む人に喜ばれ、長く愛され、大切に住んでいただけることが私達の“やりがい”です。
“すまい”を設計するにあたり、下記の事項に重点を置いて取り組んでいます。     

○ 構造・設備重視
○ 使い易い動線・豊かな空間・シンプルなデザイン
○ 細やかな配慮と工夫
○ 自然素材へのこだわり
○ 快適環境(通風・採光)
○ ユニバーサルデザイン
○ コストコントロール


業務報酬・契約について

※おおよその基準はありますが、規模や作業内容、設計条件などにより異なりますので、お気軽にご相談ください。