■O邸 補強工事

 ■基礎工事スタート

 基礎工事が始まりました。手前の石材は一度外に出して、整地して土間コンクリートを打設します。

 基礎周りには、鉄筋材を入れて補強します。雨が床下に流入して柱下の基礎が下がっているので、今後は雨が入らないように高さを調整してコンクリートを敷設します。

 

 

 

 ■ジャッキアップ工事

 下がっている構造を、上にあげるためジャッキアップをしています。相当の荷重がこのジャッキにかかっています。

 写真は内側からのジャッキアップの写真ですが、外部からもジャッキ(油圧式)で上げています。左右2か所、外と中で2か所づつの合計4箇所でジャッキアップしています。

 この後は、構造を支える基礎工事が始まっていきます。

 

 

 ■床解体工事

 本日から工事開始です。大広間の床を全部解体しました。昔なので、大引きの材料は木材の半割材がそのまま使われています。囲炉裏もあったようですが、途中で解体されて無くなっていました。

 下がっている箇所には、予想通り外部からの雨水が侵入して石の独立基礎が沈下していました。

 工事は、10月末頃までかかる見通しです。