■コンクリート打放し塀 新設工事

 ■ブロック工事

 ブロック工事が完了しました。隣地との敷地境界線に敷設しました。

 (ちょうど手前のブロックとブロックの間が敷地境界線です。) 

 最後にブロック周りの土を埋戻して、完成です。

 これで、今年の冬に大雪が降ってお寺の屋根から雪が落ちてきても、隣家は大丈夫です。

  

 

 

 ■塗装工事

 クリアー塗装工事が始まりました。明日の午後から天気が悪くなりそうな予報なので、天気を見て塗装工事を仕上げていく予定です。

 手前の敷地の境界には、塗装工事が終わったら低いコンクリートブロックを施工します。

 

 

 

 ■型枠解体完了

 型枠が解体されました。5日間以上養生して、強固なコンクリート壁になりました。

 写真で見るとおり、輝いているRC打放の壁です。垂直部の出隅部はピン角といって、テーパーなどがなく直角の仕上げです。

 以後、少し埋め戻しをして、時期をみてクリアー塗装の工事をしていきます。

 

 

 ■コンクリート打設完了

 コンクリートを打設しました。養生のため、5日間以上このままにしておきます。

 型枠を解体したら、きれいなピカピカの壁が現れるはずです。

 コンクリート打放仕上げは、そのままでもきれいですが、経年変化で汚れてくるので、特殊なクリアー塗装を最後に塗ります。

 

 

 ■型枠組立終了

 手前側の型枠材を設置完了です。

 パイプ等で固めて、コンクリートが打設されても動かないようにしています。

 生コンクリート工場が、今日までお盆休みのためコンクリート打設日はまだ未定です。待ち遠しいです♪

 

 

 ■鉄筋組立(配筋)

 型枠の片面が出来上がり、鉄筋を組み立てました。設計図通りかどうか?を監理します。 きれいに組み立てられており、合格です。

 次は、手前側に型枠を組み立てて、動かないように固めてコンクリートを打設します。

 出来上がりが楽しみです☆

 

 

 ■型枠組立開始

 壁の型枠材を設置しています。

 コンクリート打放し仕上げのため、きれいなパネコートという型枠材を使用します。この後、鉄筋を組み立てます。

 明日は配筋検査をして、型枠を反対側に組み立てます。

 良い天気が続きそうなので、熱中症に注意して工事を進めていきます。

 

 

 ■着工

 やっと晴れ間が続きそうになり、着工しました。

 掘削して、鉄筋を組立ててベースのコンクリートを流し込みました。

一番高い箇所で2M未満のコンクリート打放しの塀です。お隣さんの窓の下端が塀の高さになるように計画しました。かなり境界線に近いので、採光を妨げないように配慮しました☆

 

 

 ■ご挨拶

 工事前のご挨拶に、お隣さんに施工会社の人と行ってきました。

 その時に、お寺の壁にいたクワガタです。そっと捕まえて、樹木部分に移動しました。小学生時代の昆虫採集を思いだしました☆

 工事は、今週末か来週から開始予定です。

(新盆の時期は避けて、旧盆の時期前後から工事の予定です。)